この製品について問い合わせる

7つの特徴

ユニークな撮像機能

2200万画素CMOSカメラと一眼レフレンズで撮像系を構成。撮像光軸は折りたたんで装置内にコンパクトに収納しています。照明はLEDの面発光光源。ハーフミラーで撮像光軸にミックスされる完全同軸照明で平面的なワークに特に威力を発揮します。
撮像範囲は実装基板Mサイズ(W350×H250)を一括撮像。そのためカメラ駆動ロボットを必要とせず、シンプルな構造となります。
【特許出願中】

タッチパネル制御機能

パソコン制御による操作だけでなく、タッチパネルによる操作が可能になっています。

照明色自在変化機能

平面照明色を自在に変化させられます。照明色の選択により、被検体の特徴を増幅させ、検査精度を上げることが可能です。

大被写界深度

独自の光学設計により被写界深度範囲40mmを実現。
大型コンデンサーやトランスなど高背部品も合焦させ、正確な検査を行うことが可能です。

色検査機能

色判定機能、明るさ判定機能により、検査精度を上げることができます。

コンパクトサイズ

装置本体の幅は590mm。カメラ駆動ロボットを必要としない構造を最大限活用し、非常にコンパクトなサイズに仕上げました。
上流及び下流にオプションで補助コンベアを取り付け可能です。

立体検査可能なレーザーオプション

一括撮像した画像はパソコン内で画像処理されます。
本装置では、画像処理手待ち時間にレーザーセンサーで高さ検査を行うことが可能です。

EIO-1001の仕様

検査機能 欠品、極性間違い、位置ずれ、誤品
(オプション搭載時、浮き・高さ・傾きも検査可能)
装置サイズ W590×D850×H1550(積層灯含まず)
ユーティリティ 電源 AC100V(50/60Hz) 14A
空気源 必要ありません。
環境仕様 周囲温度 25℃±10℃
周囲湿度 20%RH~70%RH
カメラ仕様 2200万画素カラーCMOS
照明仕様 21インチ相当LED面発光光源
カメラ解像度 60ミクロン
カメラ視野角 X350mm×Y250mm

オプション

  • ● 反転機を取り付け可能(検査機1台で基板の両面検査が可能)
  • ● レーザー高さ計測ユニット分解能16ミクロン
  • ● 上流下流補助コンベアユニット
  • ● 解像度変更
  • ● ワーク荷姿変更対応(ロールtoロール式シート検査仕様など)
  • ※他、カスタマイズ対応可能。
  • ※本装置は空気源を必要としません。オール電動です。

※写真はすべてWEBサイト用に撮影したもので、実際の使用状況と異なる場合があります。また、写真の色は、実際の製品の色と多少異なる場合があります。

※WEBサイトに掲載された写真、内容及び製品の仕様は改良のため予告なく変更することがあります。

この製品について問い合わせる
コーポレートサイトを見る
経済産業省新連携認定事業 平成22年10月1日認定 光源の色変更を利用した高精度・低価格の実装基板画像検査装置の製造・販売事業